カビが原因で起こる病気

カビが原因で起こる病気

  • アレルギー性鼻炎

風邪でもないのに、1年中くしゃみや鼻水、鼻づまりの症状が見られます。
エアコンや風呂場に発生したカビを吸い込むことで起こりやすくなります。

  • 肺アスペルギルス症

発熱や咳、胸痛、呼吸困難などの症状が見られ、気管支喘息のある方はこの病気にかかるリスクが高くなります。
エアコンやカーペットに生えたアスペルギルスのカビが原因となります。
喘息の治療薬で症状の改善が見られないときは、肺アスペルギルス症の可能性があります。

  • 夏型過敏性肺炎

夏場にかかりやすい病気です。
自宅にいる時に咳や発熱などの症状が酷くなり、旅行などで自宅から離れると症状が軽減します。
トリコスポロンというカビが原因で起こり、エアコンやお風呂場などの水回りや陽が当たらず、風通しが悪い場所に発生します。症状が酷いと呼吸困難を起こすこともあります。

  • 気管支喘息

咳や呼吸困難、ヒューヒュー、ゼーゼーと言った喘鳴など症状が現れます。
様々な原因が考えれますが、アルテルナリアと呼ばれる黒色真菌が原因となることがあります。
壁の塗装面や水回りなどにに発生しやすいカビです。

このように、カビは体に様々な悪影響を及ぼします。
カビが原因で病気にならないためにも、日頃からカビ対策を心がけるようにしましょう。

また、いつもと違った症状や長引く風邪、原因不明の咳が続くなど症状がある時は、一度呼吸器内科などで検査をしたり相談すると良いでしょう。